2008年04月07日

掲示板002

「せつびのブログ」掲示板(もどき)です。
001から時間も過ぎたので、新規にアップします。
この稿にコメントを付けることで、掲示板的に機能します。
【関連する記事】
posted by けろ at 13:08| Comment(10) | TrackBack(0) | 掲示板本体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アップを即したようなので、何か書かなければと迷いましたが、最近?に思った事を書きます。
材料にダクタイルとマレアブル(黒心可鍛鋳鉄)があり、どちらが材質的に優れているかは、ご存知かと思いますが、JISねじ込みフランジには、両方ありますが、値段的にダクタイルの方が安いのに、なぜ、黒心可鍛鋳鉄が、多く使われているのか、(私の見る限り)不思議です。
Posted by つなぎの水道屋 at 2008年04月07日 19:39
すみません。
わかりません。
材料のことは、良く知りません。


鋳鉄フランジは、ねずみ鋳鉄と可鍛鋳鉄だと思っていました。ダクタイル鋳鉄製もあったのですね。

ねじ込み式管継手が可鍛鋳鉄製だから合わせた?
それとも、「特に理由は無い」?

ホントは何処かに理由があったのが埋没してしまって、「何となく」使っているだけではないかと。
現場納入時も、そこまで突っ込んで検討したことが皆無でして(もちろん、一級建築士の大先生にご指摘を受けることもなく)。

つなぎの水道屋さんは、特に指定されない場合にはダクタイル鋳鉄製フランジをお使いですか?
Posted by けろ at 2008年04月08日 01:59
http://www.kitz.co.jp/product/pdf/bil-jutaku/J-140-39.pdf

上記2ページ右側に材料説明がされているようです。

http://www.otvs.co.jp/price/price_7.html

定価は黒心可鍛よりも安いと思います。

私は水道屋なので内面コア付きを使用しているのですが、内面コア付きは、黒心可鍛しかないので、そちらを使っています。
今の会社で冷温水や蒸気配管は、ないと思いますが、やる事になれば、使用すると思います。
Posted by つなぎの水道屋 at 2008年04月08日 17:59
情報ありがとうございます。
ダクタイルバルブが「比較的新しい」とあるあたりが、可鍛鋳鉄を多く使用している理由かもしれませんね。

フランジは、200AだけFCである理由がわかりません。
このくらい大きくなれば、強度的に大丈夫になるからでしょうか……。
Posted by けろ at 2008年04月08日 23:25
>フランジは、200AだけFCである理由がわかりません。

けろさん、すごいつっこみです。FC(ねずみ鋳鉄)がなぜダクタイルの項目に・・・。
確認していてくださったのですね。
忙しい中での夜分の返信ありがとうがざいます。
あと、返信を即日もらっていますが、仕事の都合もあると思うので、私は、気にしないので、管理人という立場上義務的にされていると思いますが、日が開いたのでどうのとは思う事はないので私のことは気にせず返信いただけたらうれしいです。
そのような構えでいていただけるとご迷惑かもしれませんが、投稿しやすいです。

Posted by つなぎの水道屋 at 2008年04月09日 00:47
では今後、ボチボチ返信させていただきますね。
Posted by けろ at 2008年04月10日 22:19
札幌のわかば第一水道もヤクザではなかったけどなかなかのサービス内容。追加で修理する部分も勝手に修理して領収書を切る段階であそこも駄目でしたのでいくらです。と言われた。家人が近くにいたので一言説明ぐらいして欲しかった。家にあったタオルは勝手に使うわ(しかも凄い汚れた状態で放置された)水道屋はアホばかり。。。
Posted by たかし at 2010年07月03日 12:31
具体的な企業の良し悪しはわかりませんが……。
「説明」は必要ですよね。
Posted by けろ at 2010年07月09日 10:24
けろさん,年賀状にブログのアドレスを書かれていたので拝見させて頂きました.とてもためになる内容ですね.僕のブログでも紹介させて頂きます.
Posted by ペンギン at 2017年01月05日 13:24
ペンギンさん、お越しいただきありがとうございます。ご紹介いただけるのは光栄です。
ura410ブログをリンクに追加させていただきました。
今後とも、よろしくお願いいたします。
Posted by けろ at 2017年01月05日 18:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92535810

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。